ブルーライトカットメガネをお探しの方に、比較して選ぶポイントとおすすめのブルーライトカットメガネをご紹介しています。どんなレンズを採用しているかということに注目していますので、しっかりとレンズを比較して選びたい方にも参考にしていただけると思います。ブルーライトカットメガネを購入する前にご覧いただければと思います。

ブルーライトカットメガネを選ぶポイントをご紹介

3つのポイントに注目しましょう!
ブルーライトのカット率が高いもの
ブルーライトカットメガネにはカット率が設定されています。カット率が高ければ高いほど、ブルーライトをカットすることができます。カット率が高いものはレンズがブルーライトを吸収する吸収タイプ、カット率が低いものはレンズがブルーライトを反射する反射タイプとなります。したがって、カット率が高い吸収タイプを選ぶことがおすすめです。
サポート機能がついているもの
ブルーライトをカットするだけでは、長時間のパソコン作業による目の疲れを軽減することはできません。モニターからは常に光が発せられているので、その光をによるダメージを軽減することがポイントとなります。ですから、パソコンやスマホから発せられる光を見やすい状態にしてくれるサポート機能がついているものがおすすめです。
医療機関と共同研究しているもの
ブルーライトカット効果を高めるためには、やはり専門医の知識と経験は不可欠です。ですから、専門医や医療機関と共同で開発されたものを選ぶということが大事なポイントとなります。また、ブルーライトをカットするためにメガネに加工を加えると、通常の見え方に影響を及ぼします。ですから、長時間パソコン作業をする方は、カット率が高めのもの、短時間の作業の方はカット率が低めのものを選ぶというように、ライフスタイルに合わせて様々なカット率のメガネの中から自分に合ったものが選べるということも大事です。

ブルーライトカットメガネおすすめランキング

JINS
最大で60%のブルーライトをカットできるブルーライトカットメガネです。60%カット・38%カット・25%カットの中から、ニーズに合わせてカット率を選択することができます。医師や医療機関との共同研究により、開発・検証されたということもあり、効果を実感しやすいというところがポイントとなっています。パソコン作業サポート機能を搭載しています。
カット率:◎ パソコン作業サポート:◎ 医療機関:◎
zoff
最大で50%のブルーライトをカットできるブルーライトカットメガネです。zoffのレンズは反射してブルーライトをカットするタイプのレンズと吸収してカットするタイプを組み合わせたレンズとなっています。屈折率は1.74間で選ぶことができますので、視力が低い方でもお使いいただけるところがポイントとなっています。
カット率:◎ パソコン作業サポート:△ 医療機関:△
眼鏡市場
眼鏡市場では反射式と吸収式をシーンに合わせて選ぶことができます。反射式は自然に見えることを優先したい方向け。吸収式タイプはブルーライトをしっかりとカットしたい方向けです。レンズは無色透明となっているので、通常使いもできるところがポイントです。
カット率:◎ パソコン作業サポート:△ 医療機関:△

一番おすすめのブルーライトカットメガネはこちら!

品質にこだわって選ぶなら「JINS」がおすすめです!
ブルーライトカット率が高い
⇒ 最大で60%のブルーライトカット率を誇るブルーライトカットメガネです。60%カットだけでなく、38%カット・25%カットからも選べるようになっているので、自分の作業時間に合わせて選ぶことができるところもポイントです。カット率が違うものを複数購入し、使い分けるというのもおすすめです。
サポート機能がついている
⇒ モニターの光をより見やすくしてくれるサポート機能がついています。パソコンから発せられる光から目を守ることができるので、長時間パソコンを使用する方にとって、重宝する機能といえます。
医療機関と共同研究している
⇒ JINSでは、ブルーライトカットメガネを専門医や医療機関と共同開発しています。ですから、ブルーライトカット効果の信頼性が非常に高いというところが魅力となっています。もちろん、専門医や医療機関から推薦を受けています。

カット率が高くてサポート機能がついているのは「JINS」だけ!